岡山県立博物館
岡山県立博物館の休館から1年が過ぎました。
今回は改修工事の様子を少しだけのぞいていただきましょう。

工事は順調に進んでおり、現在建物内部では、2階展示室の展示ケース設置工事が進められています。まだガラスの入っていないフレームだけの状態ですが、展示室の雰囲気はよくうかがえると思います。5月中には、この展示ケースも完成します。しかし、ケース内で展示資料の害となるホルムアルデヒドや有機酸などのガスが発生する可能性があり、有害ガス吸着シートの設置やケース内の換気など、約2年の「枯らし」を行います。
 展示資料とともに実際の姿を御覧いただける日をお楽しみに。