岡山県立博物館
今年度のオンライン質問講座が終わりました。岡山城の改修工事と重なったこともあってか、全体として「城」に関する質問が多かったようです。小学生の参加者からの自由な発想に、学芸員が「そういう見方もあったか!」と驚くこともありました。また、高校生の参加者からは岡山藩の藩政改革と一揆の関係を問うなど専門的な質問もありました。コロナ禍での夏休みに、博物館として何ができるか考える過程で生まれた企画でしたが、いかがだったでしょうか。今回の質問講座をきっかけに、岡山の歴史の謎が少しでも明らかになるとうれしいです。